INDEX
T  会社案内
U 沿革・特徴・自社評価・福利厚生制度・その他
V 営業方針
W 社会への貢献
X 所在地案内
Y 関連会社のご案内

ステンレスについて本文
V 営業方針

弊社ではエンドユーザーへの直販は一切行わず、ステンレス専業流通業者のみに販売するという独自の画期的ノウハウ、さらに受注商品の全てを流通指定のエンドユーザーに直送するというこれまでになかったユニークな営業方針により、今日まで着実にその業績を伸ばしてきました。

配送についても、全国6ケ所(東北・関東・東京・名古屋・大阪・九州)の各配送センターより、ステンレス・チタンの多彩で豊富な製品在庫のもと、エンドユーザーのご希望どおりの時間・場所にお届けするジャストインタイム配送を確立しました。利用している運送会社は、100社以上にのぼります。また弊社は、自社取り扱い商品を取引流通にとどまらず、エンドユーザーにまで浸透させることを主旨として、全ての扱い商品を「(株)スチール」というブランドに統一することを計画、ステンレス専業メーカー12社(高炉メーカー3社含む)の協力を得て昭和63年に〈スチールブランド〉として達成することができました。「(株)スチール」のイメージアップを徹底してはかるため、商品の包装・荷造りを一新し、商品のブランド化と一貫性を持たせ、また、販促物として、各種アンケートに答えるだけで、色々なプレゼント商品が漏れなくもらえる「DMハガキ」を制作。直販先からエンドユーザーまで行き届くように、全国の配送センターから出荷される商品に「DMハガキ」を添付しました。その結果多くの回答と意見が寄せられ、サービスの改善、商品用途の分析、さらには製品の改良、新製品の開発に繋がって行き、〈スチールブランド〉の浸透と「スチールブランド商品」の指名買いを喚起させるという、従来に無かったユニークな販売基盤を確立することができました。

社内においては、【CS】(顧客満足)に積極的に取り組み、計画を立てた社員教育を実行しています。その一環として教育マニュアルを作成、既に営業マニュアル・電話応対マニュアル等を取り入れ、全ての面で男女均一した実力を発揮できる場を与える教育を進めています。

【IT】についても既に、全社員に各自専用パソコンを与え、最新のネットワークの整備も整い、営業においてはデータの検索と分析、情報サービスなど、営業戦略としても営業全員が活用できるようになっています。今後も「スチールブランド」のグレードアップに繋がる努力と、全国ステンレス・特殊鋼流通800社との緊密な関係を保ち続けていきます。さらにエンドユーザー6,000社を超える納入先からのフレッシュでホットな情報を積極的に活用を図る事を主旨とし、一層の拡大、発展を目標として進んでいきます。

TOPページへ戻るSTEEL NETWORK Webサイトへ

ご利用条件プライバシーポリシー